こんにちは。茗荷谷駅前サテライト店のしがないバイトです。

突然ですがみなさま、2020年10月16日がなんの日だったかご存じでしょうか。

 

そうです。「劇場版鬼滅の刃~無限列車編~」の公開日でした。

無限列車編は鬼滅の刃の中でも特に好きなエピソードでしたし、制作会社がアニメに引き続きUfotableさんでしたので期待大。結果、Ufotableの皆さんの睡眠時間が心配になるくらいに素晴らしい作画を拝見できたので大満足だったわけですが、まだ劇場版鬼滅の刃を見ていない方もたくさんいると思いますので、「劇場版鬼滅の刃のすゝめ」として視聴ポイントをたくさんお話しようと思います。

 

①劇場版を見に行く前に「竈門炭治郎のうた」に耐性をつけておくべし

昨年放映されていたアニメの挿入歌でもあるこの曲は、人の涙腺をだめにしてしまいます。Ufoさんはプロなので、どこが涙腺崩壊ポイントかを完全に把握したうえでとどめの一撃を刺しにくるわけですね。その一撃こそがこの「竈門炭治郎のうた」です。私は当日の朝「竈門炭治郎のうた」を10回聴いて、どの場面で挿入されるかまで予想して劇場版に挑みましたが、涙腺がぶっこわれました。どう頑張っても耐性をつけられなかった人は、身体に水分をため込んで劇場に向かったほうが良いです。

②劇場版のテーマソング、LISAさんの「炎」の歌詞に一度目を通しておくべし

今回のテーマソングを初めて聞いたときは、正直アニメの主題歌だった「紅蓮華」ほどのインパクトはないなあと思ってしまったのですが、劇場でエンドロールを眺めながら号泣するほどには今回の「無限列車編」にぴったりの曲でした。劇場版のテーマソングというよりかは劇場版のメインキャラクターである「煉獄杏寿郎」のイメージソングですね。あと、エンドロールは最後までしっかり見ることをおススメします。

③善逸の霹靂一閃の作画がエグいので覚悟しといたほうが良い

アニメでは那田蜘蛛山編で初お披露目になった善逸の霹靂一閃。アニメの作画もかなり神がかっていて、一部界隈ではかなり話題になりましたが、劇場版では少なく見積もってもアニメの10倍ヤバイ霹靂一閃が拝めます。那田蜘蛛山のときは、まるで落雷のような上からズドンと炸裂する霹靂一閃だったのですが、無限列車編はまた一味違って「これぞ稲妻!」って感じの霹靂一閃です。瞬きすると冗談抜きに見逃す速さなので皆さん気を付けてください。(善逸の作画に関してはUfoのスッタフさんの中によほどの善逸ファンがいるのだろうなあと感じるほど毎度毎度凝り具合が異常です。)

煉獄杏寿郎の一挙一動を見逃さないで

この無限列車編は「煉獄杏寿郎回」なので煉獄さんの登場シーンがたくさんあります。炎の呼吸の剣技は総じて作画が神でしたし、戦闘シーンはUfoの十八番でもありますからとってもかっこよいんです。でも一番注目して欲しいのは戦闘シーンよりも煉獄さんの「表情」です。ネタバレになるので詳しくは語れませんが、とにかく表情に注目してください。泣きます。

⑤後半まで体力残しとかないと息絶え絶えになるぞ

この映画ネタバレ要素多すぎて何も語れないのが悔しいのですが、これから映画を見に行く人に伝えておくべく最大のアドバイスはこれです。

 

まだまだ語りたいことはたくさんあるのですが、ネタバレ防止のためにもこれは何も言えません。

とにかくぜひ皆さん、劇場まで足を運んでみてください。