当社ブログをご覧の皆様いかがお過ごしでしょうかコロナウイルスの影響が至るところで目に入る日本国内で、自宅でお過ごしの方も多いのではないでしょうか。そんな中なので私も人混みを避けて休日は過ごすようにしています。。。

それでも観に行きたい劇場版『SHIROBAKO』!!!

P.A.WORKS作成で2014年10月から放送されたアニメ制作会社を舞台とした全24話のオリジナルアニメーション放送当時の私は観ていなかったのですが友人の進めも有り放映終了後ブルーレイで一気見をしました。その当時は私もまだ就職しておらず、社会とはなんぞやというのはよく知らず見ていた記憶があります。

上山高校アニメーション同好会の宮森あおい安原絵麻坂木しずか藤堂美沙今井みどりの5人は、学園祭で自主制作アニメーションを発表し、卒業後いつかもう一度、共に商業アニメーションを作ろうと「ドーナツの誓い」を立てた。

その2年半後、アニメーション制作会社「武蔵野アニメーション」に就職したあおいは、同社7年ぶりとなる元請け作品『えくそだすっ!』に制作進行として携わることとなり、多忙な日々を過ごしていた。スケジュール管理のため奔走するあおいを嘲笑うかのように、次々とトラブルが発生する。予定通りに上がらない原画、こだわりから仕事を増やす監督、社内で対立する2D班と3D班、過密日程の中で欠けていくスタッフ。あおいは制作進行の同僚や、作画演出背景音響仕上撮影といった各パートのスタッフと力を合わせ、それらのトラブルを乗り越えながら成長していく。

ウィキペディア引用

SHIROBAKOのアニメーション業界からの評価はリアルをマイルドに表現できているとの事でした。
マイルド。。。あれでかぁ大変な世界だなぁと思いました。そんなアニメも自分の立場が変われば見え方が変わってきて、就職してから共感できる部分もあったりとよくできたアニメだと思います。

そんなSHIROBAKOのアニメシリーズですが現在Netflix等で配信されているので気になる方は是非観て下さい!

そして劇場へGOです!!!!

SHIROBAKOの意味は作中に出て来ます!