こんにちは。

いつも弊社スタッフブログをご覧頂き、

ありがとうございます。

根津駅前センター太田です。

みなさまにお聞きしたいのですが、

以下の道路表示をみたことがありますでしょうか。

「ねづ コミュニティ・ゾーン」

これは、弊社根津駅前センターの隣の路地にあるものです。

(文京区根津1-1-14東京堂Sビル脇通路)

 

実はこれ、見落としがちですが、結構至る所にございます。

(引用:土 木 部 道 路 課
向丘・弥生・根津・千駄木地区コミュニティ・ゾーン整備計画について)

このコミュニティ・ゾーンとは何でしょうか

私が初めてこの道路標示に気づいたとき、ものすごく気になり、

調べてみました。

コミュニティ道路とは、自動車の通行を主たる目的とはしない道路のことです。

つまり、ただ車の通行のみを目的とするのではなく、

歩行者の「安全」、高齢者や身体の不自由な人も「楽」に歩くことが

出来る、そんな「安心」道路のことです。

実際に根津周辺でもここ数年で道路がかなり整備され、

綺麗に、そして使い安くなっているのを肌で感じております。

もっと色んなことを知りたい!!

そう思った私、

今日は文京区議会議員の方の区政報告会が

根津のふれあい館であったので、いってみました。

 

特に印象に残ったのは

・ここ4年で文京区の人口が1万人も増加し、予算も約800億円からついに1,000億円を突破した。

・現在進行中である不忍通りの道路拡幅の重要性と状況について

・文京区立小学校の数が、ラグビーワールドカップの出場国数と同じ20校のため、

2019年の日本開催を記念して、区内20校による大がかりなタグラグビー大会を2019年9月に同時開催するのが決定したこと。

※ タグラグビー:危険度の高いタックルを、『タグ』に置き換え、ルールを単純化した内容で、年齢や性別、経験に関わらずプレイ出来るもの。

・谷中根津千駄木の町おこしについて

鳥居の新設や、根津神社を中心として谷根千を盛り上げる計画について・・・

 

などなど、地元で不動産の仕事をしているだけでなく、

実際に根津に住んでいる者として考えさせられる良い機会でした。

 

住むというのは、家だけでなくその場所や環境もとても大切だと考えております。

「これからずっと暮らしていく」「子供の代にも残したい」

そんな方のご相談にものれるよう、

「今どういう状況か」ということもそうですが、

今までの歴史や今後の展望、計画などについても積極的に学んで、お客様のお役に立てればと思ってます。

何でもお気軽にご相談下さい♪

以上、今日は少し堅い話ですみません。

※まだ少し続きます笑

 

 

最後に、千駄木の好きなお店をちらっとだけ写真でご紹介します。

まだ寒い日が続いているので、先日お鍋を食べに行きました。

美味しくて、良く行くお店です!

白子ポンズ※ほとんど食べちゃってます;;臭くない、でも濃厚!!

白子の天ぷら。※外はカリッと中はトロットロ濃厚で美味!!

ワカサギの天ぷら ※旬ですね!日本酒でクイッと!

アンコウ鍋 ※フグや牡蠣など、いろいろな鍋がありますがこの日はこれ!

飲んで食べて、ひとり4千円くらいでした。

古くからやっている家族経営のお店なのですが、

「全面禁煙」「2時間制」を徹底されていて、初回でも居心地良く過ごせます♪

実際に若い女性客もちらほらいらっしゃいます。

千駄木駅2番出口すぐなので、気になる方は是非!!

【にしきや】

東京都文京区千駄木3丁目34−7

「千駄木」駅 徒歩1分