皆さんこんにちは!

 

今日は仕事で北区の方へ行ってきました!

その帰り道、写真の赤い物体が気になりちょっと寄り道。

ここは『東覚寺』という、田端駅が最寄りのお寺。

本日も仕事始めの影響か、多くの方が参拝に訪れていました。

さて、この気になる赤い物体はなんなのか、

調査をしてみたところ・・・

この正体は、なんと『阿像(あぞう)』、『吽像(うんぞう)』だったのです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

本当は、写真の像が2体『あ・うん』の呼吸で並んでいるのですが、

こちらのお寺では、参詣客が赤色の紙を貼る風習があるそうです。

そのため、この2体は別名『赤紙仁王』とも呼ばれております。

 

なんでこんなに紙を貼っているのかというと、

参詣客が具合の悪い部分と同じ箇所に赤紙を貼ると、病気が治ると信じられてきたからだそうです。

 

そういうことだったのかー

参詣客が高齢の方が多いなーって思っていたのですが、納得です。

私も頭が良くなるように、像の頭に貼ってきました。

今年はきっと頭が良い一年になることでしょう。

 

おわり