これやこの 行くも帰るも 別れては
知るも知らぬも 逢坂の関

みなさん、おはこんばんにちわ。
HAGEです。

今年はあたたかい日が続いた影響もあり
桜が早く散ってしまいましたが
私の毛は相変わらず、年中無休で散り続けております。

さて、この時期は正に出会いと別れの時期。
そう4月です。
そんな出会いと別れの時期にぴったりな歌がこれです。
(蝉丸という法師が詠んだ歌です。)

「知っている人も知らない人も全員、ここで別れるし、また出会いもあるという
有名な逢坂の関所なんだな。」

というのがおおよその現代語訳ですが
これは、当時の日本で大人気であった仏教が影響している
歌とも言われており、その仏教の教えに
「出会いには必ず別れがあり、別れてはまた出会いがある」
という無常の心がありますが
正にその心が描写された歌として注目されておりました。

学生であれば、高校から大学へ…
社会人であれば、転職し別の会社へ…

など、出会いと別れは常に起きる事です。
だからこそ、自らの人生を色鮮やかにしていくために
一つ一つの出会いをこの時期だからこそ、より大事にしていくべき
なのではないでしょうか。
そんなことを考えさせられる歌です。

皆様の新年度に、幸多きことを。


<結論>
今回のブログを通して私が言いたいことは

「寝る前はしっかりと歯を磨けよ!!!」